08 6月

未練を残した恋愛はきちんと区切りをつけるべき

自分は好きなのに相手にふられてしまって恋人関係に終止符がうたれたような場合、ふられた側は未練が残ることが多いです。

恋人の時に喧嘩が絶えなくて自分も相手に嫌気がさしていたような場合はそれほど未練はないかもしれませんが、こちらは全然相手も嫌いになっていないのに、一方的に相手から別れを切り出された場合はダメージは大きいものなのです。

恋愛においてこういう事例は多いですが、放置しておくとなかなか次の恋愛に進めず、ずっと前の恋人のことを思い続けるといった日々を送るような事態になってしまうのです。

従ってこういう状態を抜け出すためには、もう一度ふられた前の恋人に復縁を頼むことも一つの手段です。

あまりしつこく迫ると嫌われますが、自分はまだあなたが好きで忘れられないということを伝えれば、もう一度恋人関係に戻ることも可能なのです。

ふった側も別れて初めて前の恋人のいい面に気付いている場合もありますし、そこまで思ってくれているのならもう1回つき合おうかと気持ちが動くことも少なくありません。

恋愛においては未練を残した状態ですと、それを何年も引きずるタイプの人がいます。

ふられたことで自分に自信をなくし、次の恋愛に進めなかったり弱気な考えで異性に接するようになってしまってはどんどん幸せは遠のいていきます。

ですから、ふられた相手に再アタックしてみることは、自分で行動するという積極性という観点からも多いに価値のあることだと考えてよいでしょう。

その結果、復縁が出来なかったとしても、自分はやるだけのことをしたという納得感も持てますので、次の恋愛に進むのに気持ちの切り替えもしやすいのです。

恋愛については常にこのように積極的に動く心がけを持っておくことが重要です。

女性の場合、男性から誘われることを待つスタイルの人は多いですが、そういう姿勢ですといい男性はどんどん他の女性に持っていかれてしまうということを肝に銘じておかなければなりません。

07 6月

恋愛で脈ありかどうかを判断する方法

気になる男性がいる女性にとって、その男性が自分と付き合ってくれる脈ありかどうかは非常に気になるポイントです。

仲良くなって毎日話をしたいけれど、嫌われたら怖いという考えから好きな人には安易に話が出来ないという女性が多いのが実情なのです。

恋愛を成就するためには、相手に気付かれないように脈ありかを探る必要があります。

簡単な方法としては、話をする際に相手の目を見て話をしてみることです。

この際、好きな人の前だからといっておじけづいてはいけません。

内心のどきどきを隠して平静を装って彼と話をした際、相手もあなたの目を見て話をしてくれるようだと大いに脈ありだと思ってよいでしょう。

人間は興味のあるものについては無意識につい見てしまうものですので、あなたの目を見返すということは、あなたに何かしらの興味があるということなのです。

このことは自分に置き換えてみてもあてはまります。関心のない男性から仕事の話で話しかけられた場合、相手の目を見ては話していないはずです。

無意識に行動していて普段は気付かない場合でも、一度じっくり考えて見ればわかることです。

また、仕事の話等であなたの好きな男性が近くまで寄ってきて話す回数が多い場合も脈ありと思ってよいでしょう。

その際、話の内容をじっくりと考えて見ると良いです。

メールで簡単にすむような内容なのに頻繁に近寄ってきて話しかけるということは、向こうもあなたに恋愛感情がある場合が多いです。

もちろん、そのまま恋愛関係に突入するかは別ですが、少なくとも気軽に話しかけてくる時点で興味は持っていると考えて間違いないです。

従ってそのような雰囲気を感じたら、そこからは何とかして恋人関係に持っていきたいものです。

勇気を出してデートに誘ってみると、案外簡単にいい返事がもらえたりもするのです。

そのようないい状態というのもタイミングが大事ですので、ここだと判断したら即行動に出ることが恋愛で成功するコツなのです。

・・・女性の敵でもある「むくみ」「たるみ」「セルライト」を改善してくれるスリミングジェルは レッグ&スタイル むくみ で確認^^